不景気.com > 国内リストラ > ダイドーリミテッドがテキスタイル・ニットOEM事業から一部撤退

ダイドーリミテッドがテキスタイル・ニットOEM事業から一部撤退

ダイドーリミテッドがテキスタイル・ニットOEM事業から一部撤退

東証・名証1部上場のアパレルメーカー「ダイドーリミテッド」は、100%出資子会社の「ダイドーインターナショナル」が手掛けるテキスタイル事業およびニットOEM事業の一部から撤退することを明らかにしました。

スーツ地など繊維製品の需要低迷により不採算に陥っていることが主因で、そのうちテキスタイル事業については中国の連結子会社にて織物販売事業として継承する予定です。

なお、当該事業に属する従業員についてはグループ内での異動や退職での対応となる見通しで、通期連結業績予想に与える影響については詳細が分かり次第明らかにするとのことです。

連結子会社の事業の一部撤退に関するお知らせ:ダイドーリミテッド

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事