不景気.com > 不景気ニュース > 11年の中古車登録台数は前年比4.0%減の377万台、過去最低

11年の中古車登録台数は前年比4.0%減の377万台、過去最低

11年の中古車登録台数は前年比4.0%減の377万台、過去最低

日本自動車販売協会連合会によると、2011年の中古車登録台数(軽自動車を除く)は前年比で4.0%減の377万4015台だったことが明らかになりました。

これは統計を取り始めた1978年以降、過去最低の数字で、また、登録台数の前年割れは11年連続となりました。

景気低迷や東日本大震災の影響で新車販売が減少したため、中古車市場への供給が不足したことが主因と考えられる一方、今年は「エコカー補助金制度」の復活により新車販売の増加が見込まれることから、中古車登録台数の下げ止まりも期待されます。

自販連のホームページ/統計データ/中古車登録台数

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事