不景気.com > 国内倒産 > 札幌のカーシェアリング「ウインド・カー」が自己破産申請し倒産

札幌のカーシェアリング「ウインド・カー」が自己破産申請し倒産

札幌のカーシェアリング「ウインド・カー」が自己破産申請し倒産

北海道札幌市に本拠を置くカーシェアリング事業展開の「ウインド・カー」は、12月22日付で札幌地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1970年に自動車整備・板金業として設立の同社は、2004年よりカーシェアリング事業に参入すると、以後は福生市・町田市(東京都)、札幌市・豊富町(北海道)、川口市・北本市(埼玉県)、つくば市(茨城県)、箕面市(大阪府)、京都市、広島県などの自治体との連携プロジェクトを実施するなど事業を拡大していました。

しかし、過大な設備投資の一方で利用者が伸び悩むなど業績は低調に推移したため、資金繰りは限界を迎え事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約3億4000万円の見通しです。

次世代モビリティ活用モデル事業運営委託業者の自己破産について | 東京都福生市

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事