不景気.com > 企業不況 > オリンパスに監理銘柄(審査中)の追加指定、虚偽記載で

オリンパスに監理銘柄(審査中)の追加指定、虚偽記載で

オリンパスに監理銘柄(審査中)の追加指定、虚偽記載で

東京証券取引所は、同1部上場の光学機器メーカー「オリンパス」を12月6日付で監理銘柄(審査中)に追加指定すると発表しました。

一連の損失隠し問題に絡み、同社が受領した第三者委員会による調査報告書において、のれんや減損処理の取り消しを指摘されているほか、過去の有価証券報告書について訂正報告書を提出する予定のため、今後の審査の如何によっては上場廃止基準に該当するおそれがあることから今回の指定となりました。

なお、同社は四半期報告書の提出遅延に伴い、11月10日付で監理銘柄(確認中)にも指定されており、12月14日までに同報告書を提出できない場合は上場廃止となります。

東証 : 監理銘柄(審査中)の追加指定について-オリンパス(株)-

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事