不景気.com > 赤字決算 > オリンパスの第2四半期は純損益323億円の赤字転落

オリンパスの第2四半期は純損益323億円の赤字転落

オリンパスの第2四半期は純損益323億円の赤字転落

東証1部上場の光学機器メーカー「オリンパス」は、2012年3月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が323億2900万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2012年3月期第2四半期連結業績:オリンパス

売上高 営業損益 純損益
12年3月期(2Q) 4145億1800万円 175億3500万円 △323億2900万円
前年同期 4173億2700万円 223億8000万円 38億600万円
通期予想 未定 未定 未定

売上高はほぼ前年同期の水準に留まったものの、映像事業などにおける事業用資産の減損損失として139億円の特別損失を計上したほか、繰延税金資産の取り崩しで190億円の税金費用を計上したことから、四半期純損益は大幅な赤字転落となりました。

なお、一連の損失隠し問題に絡み、通期業績予想の合理的な算定が困難となっていることから、2012年3月期通期連結業績予想については一旦未定としています。

2012年3月期第2四半期決算短信:オリンパス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事