不景気.com > 国内倒産 > 内装工事の「アイデアル」が自己破産申請し倒産へ

内装工事の「アイデアル」が自己破産申請し倒産へ

内装工事の「アイデアル」が自己破産申請し倒産へ

東京都板橋区に本拠を置く内装工事の「アイデアル」は、12月5日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1970年に世田谷区で創業の同社は、飲食店・商業施設・文化施設・アミューズメント施設・医療施設などの内装工事を主力に事業を展開し、2004年には本社ビルを新築移転したほか、近隣にスタジオや資材倉庫を設置するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による工事受注の減少に加え、東日本大震災による工事の延期やキャンセルが続いたことから資金繰りが悪化したため、やむなく事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクなどによると、関係会社の「てんからてん」「フオルム」「アイ・ティ・エス」の3社も同様の措置が取られ、負債総額は4社合計で約33億円の見通しです。

アイデアルが事業停止、自己破産申請へ (帝国データバンク)Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事