不景気.com > 国内倒産 > 長崎のチケット販売「光愃商事」が破産決定受け倒産、着服で

長崎のチケット販売「光愃商事」が破産決定受け倒産、着服で

長崎のチケット販売「光愃商事」が破産決定受け倒産、着服で

官報によると、長崎県長崎市に本拠を置くチケット販売の「光愃商事」は、12月12日付で長崎地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1974年に創業の同社は、長崎市内にて「浜屋プレイガイド」の屋号で、バス・電車の乗車回数券やICカードの積み増し(チャージ)業務・チケット販売などを手掛けていました。

しかし、県交通局からの業務委託によるICカード「長崎スマートカード」の積み増し業務において、本来交通局へ支払うべき売上金を事業資金や私的に着服していたことが判明したため、信用の失墜により9月7日付で店舗を閉鎖し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約6000万円の見通しです。

龍~なが 長崎新聞:スマートカード売上金着服 光愃商事が破産開始

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事