不景気.com > 国内倒産 > 大阪のセメント・生コン卸「藤成商事」が自己破産申請し倒産へ

大阪のセメント・生コン卸「藤成商事」が自己破産申請し倒産へ

大阪のセメント・生コン卸「藤成商事」が自己破産申請し倒産へ

大阪市北区に本拠を置くセメント・生コン卸の「藤成商事」は、11月30日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1983年に設立の同社は、大手建設会社を主な取引先としてセメント・生コンなど建設資材の卸売りを主力に事業を展開し、買収や統合などを経て業容を拡大するなど業績は順調に推移していました。

しかし、景気低迷による販売単価の下落で収益性に乏しい状況が続いてたことに加え、取引先の破綻による焦げ付きの発生で厳しい資金繰りを余儀なくされ、遂には決済難から事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

信用調査会社などによると、負債総額は120億円を超える見通しです。

藤成商事 事業停止、自己破産申請へ (帝国データバンク) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事