不景気.com > 赤字決算 > 大王製紙の第2四半期は純損益28.39億円の赤字

大王製紙の第2四半期は純損益28.39億円の赤字

大王製紙の第2四半期は純損益28.39億円の赤字

東証1部上場の製紙大手「大王製紙」は、2012年3月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が28億3900万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2012年3月期第2四半期連結業績:大王製紙

売上高 営業損益 純損益
12年3月期(2Q) 2039億7200万円 58億3000万円 △28億3900万円
前年同期 1994億9100万円 74億8100万円 △44億6000万円
通期予想 4250億円 158億円 5億円

東日本大震災によるダンボールや衛生用紙など一部製品の需要増で売上高は前年同期を上回ったものの、元会長への不正貸付問題に絡み貸倒引当金として44億7400万円の特別損失を計上したことから、四半期純損益は前年同期に続き赤字となりました。

なお、通期連結業績予想については、従来の予想を下回ると見込むものの、円高の進行による利益の拡大などから営業損益・純損益ともに黒字を予想しています。

2012年3月期第2四半期決算短信:大王製紙

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事