不景気.com > 海外リストラ > 英医薬品大手「アストラゼネカ」が米国で1150名の人員削減へ

英医薬品大手「アストラゼネカ」が米国で1150名の人員削減へ

英医薬品大手「アストラゼネカ」が米国で1150名の人員削減へ

イギリスに本拠を置く医薬品大手の「アストラゼネカ」は、2012年2月までにアメリカ国内で1150名の人員削減を行うと発表しました。

対象となるのは営業職で、削減数は同部門に属する従業員の24%に相当し、この施策に伴い5000万ドルから1億ドル(38億円から76億円)のリストラ費用を計上する予定です。

特許切れ医薬品の影響による収益悪化などから、2014年までに世界全体で1万400名の人員削減を進めているものの、今回の削減はアメリカ国内における営業部門の合理化を目的とするもので、これとは別枠での募集となっているとのことです。

AstraZeneca - AstraZeneca to streamline US sales organisation

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事