不景気.com > 赤字決算 > 陽光都市開発の通期は最終赤字へ、債務超過転落見通し

陽光都市開発の通期は最終赤字へ、債務超過転落見通し

陽光都市開発の通期は最終赤字へ、債務超過転落見通し

ジャスダック上場の不動産業「陽光都市開発」は、2011年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が4億8200万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年12月期通期連結業績予想:陽光都市開発

売上高 営業損益 純損益
前回予想 53億1600万円 3400万円 200万円
今回予想 42億5000万円 △3億300万円 △4億8200万円
前期実績 91億1600万円 △2億4700万円 300万円

物件仕入の不足から不動産販売が落ち込んだことに加え、積極的なリストラ策による事業構造改善費用などを計上したため、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し、また、同期末時点で1億300万円の債務超過に転落する見通しとなりました。

なお、同社によると、資金繰りには全く支障を生じておらず、債務超過に陥った場合でも早期に解消するべく資本増強などを実施していくとのことです。

業績予想の修正および債務超過の見込みに関するお知らせ:陽光都市開発

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事