不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース11/27、リストラの発表が相次ぐ

週刊不景気ニュース11/27、リストラの発表が相次ぐ

週刊不景気ニュース11/27、リストラの発表が相次ぐ

11月21日から27日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。リストラの発表が相次いだ1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、石川木造住宅建築「土井ホーム」、大阪の顔料卸「オーエム」、北海道の玩具販売「ビッグビィ」、兵庫の再生医療材料メーカー「アルブラスト」となった一方、民事再生法の適用を申請したのは東京の総合リサイクル業「東金属」となりました。

一方、人員削減策を発表したのは、家電量販店大手の「ベスト電器」で300名、通信機器世界大手の「ノキア・シーメンス・ネットワークス」で1万7000名となり、すでに公表していた削減策への応募者数を明らかにしたのは、タッチパネル製造の「日本写真印刷」で490名、計測器の「タニタ」で62名、音楽機器メーカーの「ローランド」で13名、「あかつき証券」で45名となりました。

そのほか、事業撤退などでは、自動車メーカーの「スズキ」が二輪車レースの最高峰・モトGPへの参戦を一時休止し、新潮社が旅行専門雑誌「」を休刊、埼玉の茶販売「町田園」が全3店舗を閉店することが明らかになりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事