不景気.com > 国内リストラ > タニタ秋田の希望退職者募集に62名が応募、想定の1割減

タニタ秋田の希望退職者募集に62名が応募、想定の1割減

タニタ秋田の希望退職者募集に62名が応募、想定の1割減

体重計などの計測器を手掛ける「タニタ」は、子会社の「タニタ秋田」(秋田県大仙市)にて実施していた希望退職者募集に62名が応募したことを明らかにしました。

退職日は12月15日とし、退職者には特別加算金を別途支給する予定で、当初の募集人員70名に対し約1割少ない応募者数となりました。

健康関連計測器の大手メーカーとして知られる同社は、日本で初めて家庭用体重計の製造販売を開始し、1993年には主力の生産拠点としてタニタ秋田を設立していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや歴史的な円高が利益を圧迫していることから、生き残りには海外生産の積極化が急務と判断し今回の施策に至ったようです。

タニタ秋田:希望退職に62人応じる /秋田 - 毎日jp(毎日新聞)
タニタ希望退職に62人が応募 | NNNニュース

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事