不景気.com > 企業不況 > オリンパスを監理銘柄(確認中)に指定、報告書の提出遅延で

オリンパスを監理銘柄(確認中)に指定、報告書の提出遅延で

オリンパスを監理銘柄(確認中)に指定、報告書の提出遅延で

東京証券取引所は、1部上場の光学機器メーカー「オリンパス」を11月10日付で監理銘柄(確認中)に指定すると発表しました。

これは、同社が四半期報告書の法定提出期限となる11月14日までに同報告書を提出できない見込みとなったための措置で、期限最終日から1ヶ月後となる12月14日までに同報告書を提出できない場合は上場廃止となります。

過去の買収案件に絡む巨額の損失隠し問題で、第三者委員会による調査が現在も続いていることから、結果として法定提出期限までに四半期報告書の提出ができない見込みとなりました。

なお、同社によると、第三者委員会の調査結果を受領次第、速やかに決算発表および四半期報告書の提出を行う予定とのことです。

東証 : 監理銘柄(確認中)の指定について-オリンパス(株)-

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事