不景気.com > 国内リストラ > ホッコクの退職勧奨で15名が退職、当初想定の4分の3

ホッコクの退職勧奨で15名が退職、当初想定の4分の3

ホッコクの退職勧奨で15名が退職、当初想定の4分の3

どさん子ラーメンなどを展開するジャスダック上場の飲食業「ホッコク」は、5月17日付で公表していた退職勧奨により15名が退職したと発表しました。

対象となったのは正社員・契約社員・嘱託社員・パートアルバイトで、退職日は10月末日。当初の削減人員20名対し4分の3相当の削減数となりました。

なお、この施策による特別退職金の支出として500万円を計上する一方、2012年3月期において6200万円の人件費削減効果を見込むとのことです。

また、個人消費の落ち込みや競争激化などで厳しい環境が続いていることから、2012年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益は1億7500万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

人員削減等を含む経営合理化の取り組みの結果に関するお知らせ:ホッコク

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事