不景気.com > 企業不況 > 大王製紙を監理銘柄(確認中)に指定、報告書の提出遅延で

大王製紙を監理銘柄(確認中)に指定、報告書の提出遅延で

大王製紙を監理銘柄(確認中)に指定、報告書の提出遅延で

東京証券取引所は、1部上場の製紙業「大王製紙」を11月10日付で監理銘柄(確認中)に指定すると発表しました。

これは、同社が四半期報告書の法定提出期限となる11月14日までに同報告書を提出できない見込みとなったための措置で、期限最終日から1ヶ月後となる12月14日までに同報告書を提出できない場合は上場廃止となります。

同社の元会長による資金の私的流用問題に絡み、当期第2四半期決算や過年度の有価証券報告書などへの反映方法を巡って現在も協議が続いているため、法定提出期限までに四半期報告書を提出できない見込みとなりました。

なお、同社によると、反映方法の検討を行った上で、12月14日までには四半期報告書を提出する予定とのことです。

東証 : 監理銘柄(確認中)の指定について-大王製紙(株)-

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事