不景気.com > 国内リストラ > パナソニックがテレビ事業縮小で1000名規模の人員削減へ

パナソニックがテレビ事業縮小で1000名規模の人員削減へ

パナソニックがテレビ事業縮小で1000名規模の人員削減へ

電機大手の「パナソニック」は、赤字が続くテレビ事業において生産縮小や人員削減などの合理化を計画していることが明らかになりました。

報道によると、プラズマテレビ用パネルを製造する「尼崎第3工場」(兵庫県尼崎市)での生産を今年度中にも停止するほか、液晶テレビ用パネル製造の「茂原工場」(千葉県茂原市)を売却する方向で検討しており、これら施策に伴い1000名規模の人員を削減する見通しです。

テレビ事業においては、韓国勢を筆頭とする世界的な価格競争の激化で利益率が大幅に低下しているほか、国内市場においても地デジ移行による需要一巡で減速基調となっているため、生産規模の見直しが必要と判断し今回の措置となったようです。

パナソニックがTV事業を縮小、今期1000人超削減=関係筋 | Reuters

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事