不景気.com > 赤字決算 > 日本郵船の第2四半期は純損益120億円の赤字見通し

日本郵船の第2四半期は純損益120億円の赤字見通し

日本郵船の第2四半期は純損益120億円の赤字見通し

東証・大証・名証1部上場の海運大手「日本郵船」は、2012年3月期第2四半期(累計)の連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が120億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2012年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:日本郵船

売上高 営業損益 純損益
前回予想 9350億円 △60億円 △50億円
今回予想 9100億円 △100億円 △120億円
前年同期 1兆105億5700万円 862億2500万円 443億7400万円

タンカーおよびドライバルク市況の低迷や急激な円高が収益を逼迫したほか、一部船舶の処分に伴う損失が発生したため、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ|日本郵船

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事