不景気.com > 海外リストラ > 米ホームセンター大手「ロウズ」が20店舗閉鎖し1950名を削減へ

米ホームセンター大手「ロウズ」が20店舗閉鎖し1950名を削減へ

米ホームセンター大手「ロウズ」が20店舗閉鎖し1950名を削減へ

アメリカのホームセンター大手「ロウズ・カンパニー」は、不採算店舗の閉鎖やそれに伴う人員削減の実施を明らかにしました。

閉鎖の対象となるのはカリフォルニア州やイリノイ州など15州にある20店舗で、そのうち10店舗は10月16日付で閉鎖しており、残りの10店舗は1ヶ月以内に閉鎖する予定です。

また、この施策に伴い店舗従業員など1950名を削減する見込みで、退職者には2ヶ月~3ヶ月分の特別退職加算金の支給や再就職支援を行うとのことです。

景気低迷による個人消費の落ち込みで業績の下振れが懸念されるため、これらの施策や新規出店計画の縮小などでコスト削減を進める方針です。

Lowe's Companies, Inc. - Lowe's Closing 20 Underperforming Stores

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事