不景気.com > 企業不況 > 共同紙販が債権取立不能のおそれ、「文修堂印刷」の不渡りで

共同紙販が債権取立不能のおそれ、「文修堂印刷」の不渡りで

共同紙販が債権取立不能のおそれ、「文修堂印刷」の不渡りで

ジャスダック上場の紙卸売業「共同紙販ホールディングス」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、取引先の印刷業「文修堂印刷」(大阪市東淀川区)が10月5日付で事業を停止し手形の不渡りを発生させたためで、債権額は売掛金と約束手形を合わせ8900万円(最近事業年度末の純資産に対し3.2%相当)の見込みです。

このうち、保全されていない7900万円については今期に引当処理する予定で、連結業績予想については確定次第明らかにするとのことです。

債権の取立不能または取立遅延のおそれ:共同紙販ホールディングス

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事