不景気.com > 買収合併 > KDDIがライブドアから公衆無線LAN事業を譲受

KDDIがライブドアから公衆無線LAN事業を譲受

KDDIがライブドアから公衆無線LAN事業を譲受

通信大手の「KDDI」は、ポータルサイト運営の「ライブドア」が展開している公衆無線LAN事業を12月1日付で譲り受けると発表しました。

ライブドアは、東京都内のJR山手線圏内の電柱やカフェ・商業施設・教育機関などに約2300ヵ所のWi-Fiスポットを保有しており、自社の公衆無線LANサービス「Livedoor Wireless」などを展開していました。

一方のKDDIは、スマートフォンの普及によるデータ通信量の増加で携帯電話回線の通信容量が逼迫していることから、データ通信をバイパスさせることができる公衆無線LANのさらなる強化が急務と判断し今回の決定に至ったようです。

KDDIとライブドアとの事業譲渡契約の締結について | KDDI

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事