不景気.com > 赤字決算 > ITホールディングスの第2四半期は純損益20億円の赤字へ

ITホールディングスの第2四半期は純損益20億円の赤字へ

ITホールディングスの第2四半期は純損益20億円の赤字へ

東証1部上場のシステムインテグレーター「ITホールディングス」は、2012年3月期第2四半期(累計)連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が20億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2012年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:ITホールディングス

売上高 営業損益 純損益
前回予想 1515億円 30億円 10億円
今回予想 1565億円 40億円 △20億円
前年同期 1540億900万円 46億6700万円 10億400万円

受注が好調に推移したことやコスト削減効果により、売上高・営業損益は前回予想を上回るものの、拠点集約を目的とするグループ会社の移転費用として約34億円、中核子会社の人員削減費用として約44億円のそれぞれ特別損失を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見込みとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ITホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事