不景気.com > 国内倒産 > 埼玉の緑茶製造・販売「橋本園」が自己破産申請し倒産

埼玉の緑茶製造・販売「橋本園」が自己破産申請し倒産

埼玉の緑茶製造・販売「橋本園」が自己破産申請し倒産

埼玉県入間市に本拠を置く緑茶製造・販売の「橋本園」は、9月30日付でさいたま地方裁判所川越支部へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1967年に設立の同社は、緑茶の栽培・製造・販売を手掛け、特に「狭山茶」としては業界最大の製品生産量を誇るほか、埼玉県内で直販店を複数展開するなど事業を拡大していました。

しかし、緑茶の消費量が減少するなか売上はジリ貧となっていたことに加え、福島第一原発事故に伴う風評被害が重くのし掛かり、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

東京新聞(電子版)が伝えたところによると、負債総額は約5億円の見通しです。

東京新聞:狭山茶老舗が破産申請 風評影響:経済(TOKYO Web)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事