不景気.com > 海外倒産 > 米「フレンドリーズ・アイスクリーム」が破産法第11章を申請

米「フレンドリーズ・アイスクリーム」が破産法第11章を申請

米「フレンドリーズ・アイスクリーム」が破産法第11章を申請

アメリカ・マサチューセッツ州に本拠を置く老舗レストランチェーンの「フレンドリーズ・アイスクリーム」は、10月5日付でデラウェア連邦破産裁判所へ破産法第11章を申請したことが明らかになりました。

1935年に創業の同社は、アイスクリームとハンバーガーが人気のレストランチェーン「フレンドリーズ」を展開し、最盛期にはアメリカ東海岸を中心として500店舗を超える規模を誇ったほか、1997年にはナスダック市場へ上場を果たすなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みやファーストフードチェーンとの価格競争の激化から売上が減少すると、原材料価格の高騰や賃料の高止まりも重なり業績が悪化したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

裁判所提出書類によると、負債総額は1億~5億ドル(約76~380億円)の見通しです。

Friendly's files for Ch. 11 bankruptcy protection - USATODAY.com

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事