不景気.com > 国内倒産 > 石川の輪島塗漆器製造「大向高洲堂」が自己破産申請し倒産へ

石川の輪島塗漆器製造「大向高洲堂」が自己破産申請し倒産へ

石川の輪島塗漆器製造「大向高洲堂」が自己破産申請し倒産へ

富山新聞(電子版)などによると、石川県輪島市に本拠を置く輪島塗・漆器製造の「大向高洲堂」は、9月20日付で事業を停止し自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1948年に創業の同社は、全国の百貨店を主な取引先として、伝統工芸の輪島塗を基盤とした調度品や食器類・建装関連品の製造販売を主力に事業を展開し、同県内でも大手の一角に数えられるなど相応の知名度を有していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みで業績が悪化すると、東日本大震災の影響などもあり売上は悪化の一途を辿ったため、資金繰りの行き詰まりから事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約15億円の見通しです。

北國・富山新聞ホームページ - 北陸の経済ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事