不景気.com > 国内倒産 > 大分の食品加工「ユニバースフーズ」が民事再生法を申請

大分の食品加工「ユニバースフーズ」が民事再生法を申請

大分の食品加工「ユニバースフーズ」が民事再生法を申請

大分県国東市に本拠を置く食品加工・販売の「ユニバースフーズ」は、9月26日までに大分地方裁判所杵築支部へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

2000年に設立の同社は、油で揚げないノンフライポテトチップス「焼きじゃが」の製造販売を手掛け、同製品が多くのメディアに取り上げられるなど注目を集めたほか、まぐろを加工した珍味を商品化するなど食品加工技術が高い評価を得ていました。

しかし、景気低迷や競争激化で売上が減少していたことに加え、東日本大震災により包装資材の入手が困難となったことから業績は急激に悪化したため、自力での再建を諦め今回の措置に至ったようです。

朝日新聞(電子版)などが伝えたところによると、負債総額は約3億円の見通しです。

asahi.com:ユニバースフーズ再生法の適用申請-マイタウン大分

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事