不景気.com > 赤字決算 > 三陽商会の11年12月期は純損益11億円の赤字見通し

三陽商会の11年12月期は純損益11億円の赤字見通し

三陽商会の11年12月期は純損益11億円の赤字見通し

東証1部上場のアパレルメーカー「三陽商会」は、2011年12月期通期連結業績予想を公開し、当期純損益が11億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年12月期通期連結業績予想:三陽商会

売上高 営業損益 純損益
前回予想 未定 未定 未定
今回予想 1050億円 16億円 △11億円
前期実績 1120億5700万円 24億4600万円 7億5000万円

長引く景気低迷や東日本大震災の影響による個人消費の落ち込みで衣料品の販売が低調に推移しているほか、本社移転に伴う減損損失として8億5000万円の特別損失を計上することから、純損益は赤字転落見通しとなりました。

なお、同社が現在本社として使用している「汐留ビルディング」の信託受益権の一部持分を保有している「ジャパンリアルエステイト投資法人」は、同社から解約通知を受領しておらず事実関係について確認する旨のリリースを行っています。

通期業績予想の修正に関するお知らせ:三陽商会

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事