不景気.com > 国内倒産 > 大阪のプリント配線板製造「堺電子工業」が破産申請し倒産へ

大阪のプリント配線板製造「堺電子工業」が破産申請し倒産へ

大阪のプリント配線板製造「堺電子工業」が破産申請し倒産へ

大阪府泉大津市に本拠を置くプリント配線板製造の「堺電子工業」は、8月31日付で事業を停止し、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1957年に創業の同社は、プリント配線板およびプリント配線板用精密金型の設計・製作を主力に事業を展開し、配線板検査子会社やタイ・ベトナムに現地子会社を設立するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による需要の減少や設備投資の抑制などで受注が落ち込むと、競争激化による利益率の低下も重なり資金繰りが悪化したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約45億円の見通しで、ジャスダック上場の「大洋工業」は保有する債権3100万円について取立不能または取立遅延のおそれを明らかにしています。

債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ:大洋工業

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事