不景気.com > 赤字決算 > 日立電線の12年3月期は純損益190億円の赤字見通し

日立電線の12年3月期は純損益190億円の赤字見通し

日立電線の12年3月期は純損益190億円の赤字見通し

日立グループの電線・ケーブル製造子会社で東証・大証1部上場の「日立電線」は、2012年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が190億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2012年3月期通期連結業績予想:日立電線

売上高 営業損益 純損益
前回予想 4450億円 70億円 10億円
今回予想 4600億円 80億円 △190億円
前期実績 4129億7900万円 7億8800万円 △129億9300万円

東日本大震災からの復興に伴う需要の拡大やコスト削減などにより、売上高・営業損益ともに前回予想を上回るものの、1200名の人員削減を含む事業構造改革の実施に伴いリストラ費用を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:Hitachi Cable

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事