不景気.com > 国内倒産 > 元マザーズ上場「デザインエクスチェンジ」が民事再生法を申請

元マザーズ上場「デザインエクスチェンジ」が民事再生法を申請

元マザーズ上場「デザインエクスチェンジ」が民事再生法を申請

元・東証マザーズ上場で東京都新宿区に本拠を置くデジタル素材販売の「デザインエクスチェンジ」は、9月16日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1993年に設立の同社は、写真やイラストなどデジタル素材の販売を主力に事業を展開し、1995年に発売した素材集「具・満タン」シリーズが好評を得たほか、2000年には東証マザーズへ上場を果たすなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷や競争激化により業績が悪化すると、今年3月には振り出した約束手形に不渡りが発生したほか、時価総額基準により上場廃止となるなど信用不振に陥ったため、自力での再建は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

信用調査会社などによると、負債総額は約12億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事