不景気.com > 企業不況 > C&Iホールディングスが上場廃止、監査人による結論不表明で

C&Iホールディングスが上場廃止、監査人による結論不表明で

C&Iホールディングスが上場廃止、監査人による結論不表明で

東京証券取引所は、東証2部上場で中小企業支援を手掛ける「C&I Holdings」を、10月3日付で上場廃止にすると発表しました。

これは、2011年12月期第2四半期の連結財務諸表において、監査法人より「結論を表明しない」旨の四半期レビュー報告書を受領し、尚かつ、その事象の解消に向けた取り組みが不十分であると判断されたための措置です。

連続赤字の計上や債務超過への転落に加え、経営破綻した「日本振興銀行」からの借入金が整理回収機構へ譲渡されており、同機構との債務削減における交渉再開のめどが立っていないことから、やむなく今回の決定となったようです。

東証 : 上場廃止等の決定について C&I Holdings

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事