不景気.com > 国内倒産 > 群馬の食品スーパー「ヤナイストアー」が弁護士一任、負債14億

群馬の食品スーパー「ヤナイストアー」が弁護士一任、負債14億

群馬の食品スーパー「ヤナイストアー」が弁護士一任、負債14億

群馬県前橋市に本拠を置く食品スーパー経営の「ヤナイストアー」は、7月28日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1972年に創業の同社は、前橋市や高崎市などで食品スーパーを多店舗展開し、地域密着型の経営スタイルにより地元では相応の知名度を有していました。

しかし、景気低迷による消費の落ち込みや大型スーパーの進出による競争激化で業績が悪化すると、不採算店舗の閉鎖により生き残りを目指したものの、東日本大震災による物流の遅延などが追い打ちを掛けたことで、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

今後は任意整理に向かうと見られ、負債総額は約14億円の見通しです。

ヤナイストアーが事業停止 群馬 - MSN産経ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事