不景気.com > 海外リストラ > スイスの金融大手「UBS」が3500人の人員削減へ

スイスの金融大手「UBS」が3500人の人員削減へ

スイスの金融大手「UBS」が3500人の人員削減へ

スイスに本拠を置く金融グループ「UBS」は、解雇や自然減などによる3500人規模の人員削減策を明らかにしました。

これは2013年末までに20億スイスフラン(約1950億円)のコスト削減を目指すリストラ策の一環として実施されるもので、3500人のうち投資銀行部門で45%、ウェルスマネジメントおよびスイスの銀行部門で35%、グローバルアセットマネジメント部門で10%、アメリカ大陸のウェルスマネジメント部門で10%が削減される予定です。

なお、この施策に伴うリストラ費用として5億5000万スイスフラン(約530億円)を見込み、そのうち4億5000万スイスフラン(約435億円)については2011年下半期に計上する予定とのことです。

UBS update on cost reduction plans

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事