不景気.com > 国内倒産 > 新潟のスーパー経営「エノモト」が自己破産申請し倒産

新潟のスーパー経営「エノモト」が自己破産申請し倒産

新潟のスーパー経営「エノモト」が自己破産申請し倒産

新潟県村上市に本拠を置くスーパーマーケット経営の「エノモト」は、8月22日付で新潟地方裁判所新発田支部へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1969年10月に設立の同社は、村上市内にて「スーパーエノモト」の屋号で食品スーパー7店舗を経営し、当地では相応の規模を誇る小売チェーンとして事業を展開していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや大手スーパーの進出による競争激化で業績が悪化したため、2010年8月には中条プラザ店を閉店するなど生き残りを目指したものの、売上の回復には至らずやむなく今回の措置となったようです。

毎日新聞(電子版)などが伝えたところによると、関連会社も同様の措置が取られ、2社を合わせた負債総額は約18億円の見込みとのことです。

エノモト:関連不動産と破産申請 負債総額18億円 /新潟 - 毎日jp(毎日新聞)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事