不景気.com > 買収合併 > ソニー・東芝・日立が中小型液晶事業を統合、新会社設立へ

ソニー・東芝・日立が中小型液晶事業を統合、新会社設立へ

ソニー・東芝・日立が中小型液晶事業を統合、新会社設立へ

「ソニー」「東芝」「日立」の3社は、中小型ディスプレイ事業を統合し、新会社「ジャパンディスプレイ」を設立することで基本合意したことを明らかにしました。

対象となるのは、中小型ディスプレイ子会社の「ソニーモバイルディスプレイ」「東芝モバイルディスプレイ」「日立ディスプレイズ」の3社で、新会社には「産業革新機構」が第三者割当により約2000億円を出資し、新会社の株式保有比率は産業革新機構が70%、ソニー・東芝・日立がそれぞれ10%となる予定です。

スマートフォンやタブレットPCなどの好調さを受け、需要は今後も伸びると予想されるものの、中国・台湾・韓国メーカーの台頭で激しい競争も想定されることから、技術力を集結し世界的競争を勝ち抜く方針です。

Sony Japan | 中小型ディスプレイ事業統合に関する基本合意書の締結について

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事