不景気.com > 赤字決算 > セイコーHDの第1四半期は純損益17.70億円の赤字

セイコーHDの第1四半期は純損益17.70億円の赤字

セイコーHDの第1四半期は純損益17.70億円の赤字

東証1部上場の腕時計および精密機器製造「セイコーホールディングス」は、2012年3月期第1四半期連結業績を発表し、四半期純損益が17億7000万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2012年3月期第1四半期連結業績:セイコーホールディングス

売上高 営業損益 純損益
12年3月期(1Q) 697億2600万円 6億4100万円 △17億7000万円
前年同期 762億円 27億6600万円 10億円
通期予想 3150億円 120億円 40億円

円高によるマイナス要因にもかかわらずウォッチ事業は新興国を中心に好調に推移したものの、東日本大震災によるサプライチェーンの混乱などで電子部品事業が大幅に落ち込んだため、売上高は前年同期比で8.5%の減少を記録し、純損益では前期の黒字から赤字転落となりました。

2012年3月期第1四半期決算短信:セイコーホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事