不景気.com > 赤字決算 > サクラダの12年3月期は純損益7.40億円の赤字へ、移転遅延で

サクラダの12年3月期は純損益7.40億円の赤字へ、移転遅延で

サクラダの12年3月期は純損益7.40億円の赤字へ、移転遅延で

東証1部上場の橋梁メーカー「サクラダ」は、2012年3月期通期個別業績予想を下方修正し、当期純損益が7億4000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2012年3月期通期個別業績予想:サクラダ

売上高 営業損益 純損益
前回予想 63億8000万円 △5000万円 △4億4000万円
今回予想 62億円 △3億5000万円 △7億4000万円
前期実績 54億4700万円 △17億1100万円 3億7500万円

市川本社工場の譲渡に伴う袖ヶ浦工場への移転において、既存建物や設備が当初の想定以上に老朽化しているため本格稼働が12年3月中へずれ込むことから、社内生産量の減少やコストの増加を余儀なくされ、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:サクラダ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事