不景気.com > 国内倒産 > 滋賀「オレンジシガCC」経営の三甲興産に会社更生手続決定

滋賀「オレンジシガCC」経営の三甲興産に会社更生手続決定

滋賀「オレンジシガCC」経営の三甲興産に会社更生手続決定

官報などによると、滋賀県野洲市に本拠を置く不動産業およびゴルフ場経営の「三甲興産」は、7月31日付で会社更生手続の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1972年に設立の同社は、不動産の分譲開発や賃貸を手掛けるほか、1982年には甲賀市にてゴルフ場「オレンジシガカントリークラブ」をオープン。同ゴルフ場は全18ホールの戦略的な丘陵コースで、交通アクセスの良さなどから人気を得ていました。

しかし、不動産事業において景気低迷による市況悪化で業績が落ち込むと、多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、不動産およびゴルフ場の両事業を展開する中で公正な再建手続には法的整理が最善との意見から、債権者により会社更生法の適用を申請され今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は50億円程度の見通しです。

「オレンジシガカントリークラブ」経営の三甲興産、会社更生法 - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事