不景気.com > 国内倒産 > 熊本の剣道用具製造「オガタ武道具工業」が破産申請し倒産へ

熊本の剣道用具製造「オガタ武道具工業」が破産申請し倒産へ

熊本の剣道用具製造「オガタ武道具工業」が破産申請し倒産へ

熊本県熊本市に本拠を置く武道用具製造・販売の「オガタ武道具工業」は、8月10日までに事業を停止し、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1967年に設立の同社は、「武蔵号」のブランド名などで剣道用具・なぎなた用具の製造を手掛け、1977年には東京・大阪へ支店を開設し販路を全国へ拡大したほか、海外への輸出も行うなど事業を拡大していました。

しかし、少子化による武道人口の減少に加え価格競争の激化で業績が落ち込むと、支店の本社統合や海外生産の積極化などで生き残りを目指したものの、資金繰りの悪化から遂に支えきれず今回の措置に至ったようです。

熊本日日新聞(電子版)などが伝えたところによると、負債総額は約4億円の見通しです。

「武蔵号」のオガタ武道具、自己破産へ │ くまにちコム

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事