不景気.com > 国内リストラ > 日本製紙が1300名の人員削減へ、生産設備の15%停機で

日本製紙が1300名の人員削減へ、生産設備の15%停機で

日本製紙が1300名の人員削減へ、生産設備の15%停機で

製紙大手の「日本製紙グループ本社」は、早期退職支援などによる1300名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは洋紙事業の正規従業員850名・請負従業員450名で、早期退職のほか退職者の不補充やグループ内での再配置などで削減を実施する方針です。

景気低迷や紙需要の減少で国内洋紙市場の縮小が続いていることから、製造コストの高い設備を中心に洋紙生産能力の15%を削減する計画で、なかでも富士工場・鈴川(静岡県)は全製造設備を停機する予定です。

なお、この施策に伴うリストラ費用として260億円の特別損失を計上する一方、年間で約250億円の収益改善効果を見込むとのことです。

洋紙事業の復興計画について:日本製紙グループ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事