不景気.com > 国内倒産 > 大阪の機械工具等販売「中正機械金属」が民事再生法を申請

大阪の機械工具等販売「中正機械金属」が民事再生法を申請

大阪の機械工具等販売「中正機械金属」が民事再生法を申請

大阪市中央区に本拠を置く機械工具等販売の「中正機械金属」は、8月30日付で大阪地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1948年に「中正商店」として設立の同社は、各種機械工具や工作機械・運搬具などの販売を主力に事業を展開し、全国各地に営業所を開設したほか中国に子会社を設立するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による顧客の設備投資抑制で受注が減少すると、取引先への焦げ付きが発生するなど資金繰りが逼迫したため、自力での再建は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

信用調査会社などによると負債総額は約30億円の見通しで、大証1部上場の「小林産業」が再生支援の意向を明らかにしています。

中正機械金属の民事再生への支援に関するお知らせ:小林産業

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事