不景気.com > 国内倒産 > 岩手のゲームセンター経営「レジャーエース」が破産申請し倒産

岩手のゲームセンター経営「レジャーエース」が破産申請し倒産

岩手のゲームセンター経営「レジャーエース」が破産申請し倒産

岩手県盛岡市に本拠を置くゲームセンター運営の「レジャーエース」は、7月22日付で盛岡地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1991年に設立の同社は、青森県内などでゲームセンターやカラオケ店・マンガ喫茶を経営するほか、旅館やホテルを取引先にゲーム機器の販売・レンタルを行っていました。

しかし、景気低迷による客足の落ち込みに加え、東日本大震災による自粛ムードや取引先の被災などで資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の東京経済などによると、負債総額は約17億3500万円の見通し。

レジャーエース〜破産手続開始申立(東京経済) - BLOGOS finance

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事