不景気.com > 海外リストラ > [更新]英銀大手の「HSBC」が3万人の削減へ、米支店半減も

[更新]英銀大手の「HSBC」が3万人の削減へ、米支店半減も

[更新]英銀大手の「HSBC」が3万人の削減へ、米支店半減も

イギリスの銀行大手「HSBC」は、2013年をめどとする3ヵ年のコスト削減策として3万人の人員削減を明らかにしました。

削減数は全世界の従業員約30万人の約1割に相当し、このうち南米・アメリカ・イギリス・フランス・中東の各地域においては5000人の人員削減を実施済みとのことです。

また、アメリカ国内にある約470店舗のうち、195店舗を地元銀行の「ファースト・ナイアガラ・バンク」に譲渡するほか、コネチカット州やニュージャージー州にある13店舗を閉鎖することも明らかにしました。

景気低迷により業績が悪化している同社は、欧米をはじめとする不採算事業の整理によりコスト削減を進める一方、成長が著しいアジアなどの新興国へ注力し業績回復を目指す方針です。

*2011/08/01-20:09:詳細判明のため本記事の内容を更新しました。

HSBC Holdings plc 2011 interim results - highlights

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事