不景気.com > 国内リストラ > 横河電機の希望退職者募集に185名が応募、想定を上回る

横河電機の希望退職者募集に185名が応募、想定を上回る

横河電機の希望退職者募集に185名が応募、想定を上回る

東証1部上場の工業機器メーカー「横河電機」は、4月26日付で公表していた希望退職者の募集に185名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは人材本部・ビジネスサポート部・研究開発本部・脳磁計プロジェクト・半導体センターに所属する従業員で、退職日は6月15日から7月31日まで。当初の募集人員150名に対し、2割以上多い応募者数となりました。

半導体テスタ・脳磁計ビジネスの縮小やフォトニクスビジネスからの撤退により、余剰人員の削減が必要と判断したための措置で、今年初めに実施した管理職および一般職を対象とする261名の削減に続く大規模リストラ策となりました。

なお、この施策に伴う特別一時金等の支出として約34億円の特別損失を見込み、2011年3月期にて計上済みの27億円に加え、2012年3月期に7億円の特別損失を追加計上するとのことです。

希望退職者の募集の結果に関するお知らせ:横河電機

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事