不景気.com > 不景気ニュース > 日本の貧困率は過去最悪の16.0%、貧富の差が広がる

日本の貧困率は過去最悪の16.0%、貧富の差が広がる

日本の貧困率は過去最悪の16.0%、貧富の差が広がる

厚生労働省が発表した「国民生活基礎調査」によると、2009年における日本の相対的貧困率は、2006年の前回調査時と比べ0.3ポイント悪化の16.0%となり、過去最悪を記録したことが明らかになりました。

貧困率の状況:厚生労働省調べ

1997年 2000年 2003年 2006年 2009年
相対的貧困率 14.6% 15.3% 14.9% 15.7% 16.0%
子供有り世帯 12.2% 13.1% 12.5% 12.2% 14.6%
実質値貧困線 130万円 120万円 117万円 114万円 112万円

相対的貧困率とは、国民一人ひとりを所得額順(等価可処分所得)に並べ、そのちょうど中央値となる所得額の半分(貧困線)に満たない人の割合を表すもので、OECDの基準により算出されています。

貧困率が悪化した背景には、派遣やパートなど非正規労働者の増加や少子高齢化に加え、子供がいる世帯の貧困率が急激に悪化していることから、景気低迷による失業や所得の減少も大きな要因と考えられます。

平成22年国民生活基礎調査の概況|厚生労働省

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事