不景気.com > 赤字決算 > 任天堂の第1四半期は純損益255億円の赤字、ヒット作不足で

任天堂の第1四半期は純損益255億円の赤字、ヒット作不足で

任天堂の第1四半期は純損益255億円の赤字、ヒット作不足で

ゲーム機大手の「任天堂」は2012年3月期第1四半期連結業績を発表し、四半期純損益が255億1600万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2012年3月期第1四半期連結業績:任天堂

売上高 営業損益 純損益
12年3月期(1Q) 939億2800万円 △377億1200万円 △255億1600万円
前年同期 1886億4600万円 233億4200万円 △252億1600万円
通期予想 9000億円 350億円 200億円

ソフトウェアのヒット作不足が影響し販売が低調に推移したほか、急激な円高が収益を圧迫したことで売上高は前年同期に比べ50.2%の減少を記録し、また、利益面でも携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の広告宣伝費や新型ゲーム機「Wii U」の研究開発費が発生したため、営業損益・純損益ともに大幅な赤字となりました。

また、通期業績予想については、「ニンテンドー3DS」の大幅な値下げを織り込んだことから前回予想を下回る見通しとなりました。

2012年3月期第1四半期決算短信:任天堂

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事