不景気.com > 国内倒産 > 愛知の携帯販売「ラハイナコーポレーション」が破産、負債65億

愛知の携帯販売「ラハイナコーポレーション」が破産、負債65億

愛知の携帯販売「ラハイナコーポレーション」が破産、負債65億

愛知県名古屋市に本拠を置く携帯電話販売等の「ラハイナコーポレーション」は、7月27日付で名古屋地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1990年に設立の同社は、愛知を主体に静岡・三重・岐阜など隣県エリアにて携帯電話の販売事業を手掛けていたほか、携帯電話向けウェブサイトやソフトウェア開発にも事業を拡大し、また、同時に展開していた不動産販売事業も売上に大きく貢献するなど業績は好調に推移していました。

しかし、景気低迷による不動産市況の悪化から不良在庫を抱えると資金繰りは一気に逼迫し、その後は携帯電話販売事業から撤退しITソリューション事業への転換で生き残りを目指したものの、決済難により遂に債権者から破産を申し立てられ今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクなどによると、2011年3月期末時点の負債総額は約65億円の見通し。

ラハイナコーポレーションが破産 (帝国データバンク) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事