不景気.com > 国内リストラ > 市光工業の早期退職優遇制度に96名が応募、想定の3割減

市光工業の早期退職優遇制度に96名が応募、想定の3割減

市光工業の早期退職優遇制度に96名が応募、想定の3割減

東証1部上場の自動車用ランプ・ミラー製造「市光工業」は、5月27日付で公表していた早期退職優遇制度に96名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは正社員で、退職日は7月31日。当初の募集人員130名に対し約3割少ない応募者数となりました。

経費節減や役員報酬・管理職給与のカットなど合理化策を進めたものの、東日本大震災の影響もあり当面は厳しい環境が続くと予想されることから、さらなる合理化が必要と判断し今回の削減に至ったようです。

なお、今回の施策に伴い、退職加算金等の支出として1億9200万円の特別損失を計上する予定とのことです。

早期退職優遇制度に関するお知らせ:市光工業

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事