不景気.com > 国内倒産 > 北海道の建設・不動産業「北海三協建設」が自己破産申請し倒産

北海道の建設・不動産業「北海三協建設」が自己破産申請し倒産

北海道の建設・不動産業「北海三協建設」が自己破産申請し倒産

東証1部上場「三井住友建設」の子会社で北海道札幌市に本拠を置く建設・不動産賃貸の「北海三協建設」は、7月21日付で札幌地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1966年に設立の同社は、景気低迷などによる建設需要の落ち込みから債務超過に転落したため、2008年度には事業を停止し清算を目的とする事後処理に当たっていました。

しかし、債権者への返済の原資と考えていた不動産資産などの下落で返済が困難になったことから、公平な清算手続には法的整理が必要と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1億円

子会社の破産手続開始の申し立てに関するお知らせ:三井住友建設

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事