不景気.com > 赤字決算 > 富士電機の第1四半期は純損益53.78億円の赤字、設備投資減で

富士電機の第1四半期は純損益53.78億円の赤字、設備投資減で

富士電機の第1四半期は純損益53.78億円の赤字、設備投資減で

電気機器大手の「富士電機」は2012年3月期第1四半期連結業績を発表し、四半期純損益が53億7800万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2012年3月期第1四半期連結業績:富士電機

売上高 営業損益 純損益
12年3月期(1Q) 1400億6600万円 △54億5700万円 △53億7800万円
前年同期 1424億100万円 △56億4600万円 99億5400万円
通期予想 7300億円 220億円 120億円

東日本大震災に伴う企業の設備投資抑制で売上高は前年同期を下回り、また、利益面では社会システム・電子デバイス・自販機部門などが営業損失を計上したほか、前年同期に投資有価証券売却益を計上した反動もあり四半期純損益は赤字転落となりました。

なお、これまで未定としていた通期業績予想もあわせて公表し、当期純損益は120億円の黒字を見込んでいます。

決算短信(2012年3月期) - 富士電機

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事